輸入小麦から作られる国産小麦粉

日本の大多数のパン屋のマーケティング手法:ほとんどのパン屋は、「国産の小麦粉」を使用しているという事実を宣伝しています。 しかし、この謳い文句はかなり曖昧なものです。なぜなら、日本の製粉会社は、日本で消費される小麦のほとんどが日本で栽培されていないという事実を明確に言わないからです。

Source : springer-nature

91%の小麦は輸入されている

2019年、日本の小麦の輸入量は590万tに対し消費量は650万t。つまり、これは、日本で消費される91%の小麦は輸入小麦であることを示します。 日本のほとんどの小麦はアメリカ、カナダ、オーストラリアから輸入されています。ここでいう小麦は、集約農業で生産され、農薬や殺虫剤が詰め込まれた現代の小麦です。 一方、輸入される有機栽培の小麦のシェアはまるで嘘のような値です(2015年は0.03%)。 日本政府は小麦に対する農薬の許容率を大幅に上方修正したため、アメリカは最も安価で劣悪な小麦を日本に輸出することができます(例:猛毒のマラチオン残留基準値は10ppm。ドイツ、デンマーク、フィンランド、アイルランド、ラトビア、リトアニア、スロベニア、スウェーデンによって禁止されたこの殺虫剤に関する小さな興味深い記事を参照)。

この農薬にまみれた劣悪な小麦の約50%は、日本のパン屋で毎日販売されるパンの製造に使用されています。 自給率との関係で言うと、日本のパン屋で使われている日本で栽培された小麦はたったの0.6%ということになります。

国産の小麦粉と言っていますが、実はその99%は劣悪な輸入小麦を粉砕したものです。

小さなエピソード:2015年から2016年の間、中国でパン屋を営んでいた時、私は中国に輸入された日本の小麦粉を入手することができたのを覚えています…つまり、日本の大手製粉グループは、日本が小麦粉の原料となる小麦をほとんど生産していないゆえに小麦粉を作るため99%以上も輸入小麦を使用することを余儀なくされているにも関わらず、これらの大手製粉グループは、輸入小麦から作られた小麦粉を主に香港とシンガポールに輸出しているのです。(参照:MY2018/19 wheat product (i.e., wheat flour) exports from Japan (predominantly to Hong Kong and Singapore) are forecast to remain unchanged at 270,000 MT (wheat equivalent) as these markets remain stable for Japan.

※2018年2月4日に掲載した記事を日本語訳したものです。

Farines japonaises… à base de blés importés !
À propos du marketing d’un grand nombre de ‘boulangeries’ japonaises : la plupart d’entre elles mettent en avant le fait qu’elles utilisent des ‘farines nationales’ (国産粉), ou plutôt des farines ‘fabriquées’ au Japon. Promotion assez ambigüe, car les moulins japonais omettent de préciser que la quasi-totalité du blé consommé n’est pas cultivé au Japon.

91% du blé est importé
En 2019, le Japon a importé 5,9 million de tonnes de blé pour 6,5 million de tonnes consommées, soit 91% d’importation. La quasi totalité des blés sont importés des US, du Canada et de l’Australie, on parle ici de blés modernes, produits en agriculture intensive, bourrés de pesticides et d’insecticides. La part de blé bio importé est ridiculement anecdotique (0,03% en 2015). Le gouvernement japonais ayant drastiquement revu à la hausse le taux de tolérance des pesticides pour le blé, les US peuvent ainsi exporter leurs blés premiers prix (Ex. taux de Chlorpyriphos-méthyl toléré : 10ppm, un petit article intéressant au sujet de cet insecticide interdit par l’Allemagne, le Danemark, la Finlande, l’Irlande, la Lettonie, la Lituanie, la Slovénie et la Suède).
Quasiment 50% de ce blé empoisonné de mauvaise qualité sert à fabriquer le pain vendu quotidiennement dans les boulangeries japonaises. Le rapport d’auto-suffisance est de 0,6%, c’est à dire que 0,6% du blé utilisé par les boulangeries est cultivé au Japon.

Des farines japonaises oui, mais écrasées à partir de 99% blés de mauvaises qualités importés !
Petite anecdote : Boulanger en Chine continentale de 2015 à 2016, je me souviens qu’il était possible de se procurer de la farine de blé japonaise importée… Donc, si je résume, les grands groupes de minoterie japonais sont contraints d’importer plus de 99% du blé pour en faire de la farine car le pays n’en produit pas assez. Et ces mêmes grands groupes exportent de la farine fabriquée à partir de blés importés, principalement à Hong-Kong et à Singapour (Réf. MY2018/19 wheat product (i.e., wheat flour) exports from Japan (predominantly to Hong Kong and Singapore) are forecast to remain unchanged at 270,000 MT (wheat equivalent) as these markets remain stable for Japan.) On marche sur la tête…